ワクワクするブランド

f:id:hynm_uastaff:20140305211316j:plain

今期も入荷してきました。

 “MP di Massimo Piombo”

いつも立ち上がり時期に今期はどんなアイテムが入荷するのだろう? と

ワクワクするブランドのひとつです。 

f:id:hynm_uastaff:20140305211514j:plain

f:id:hynm_uastaff:20140305211453j:plain

その理由は“ドレス”と”ネイビー”への理解が深いと感じるからです。

私は“ドレス”というよりそもそも“服”のことをよく知らず、

UNITED ARROWSに入社しました。

 

入社したころにある先輩に教えてもらった言葉

「ドレスは洋服の基本」

それから“ドレス”そして“服を着ること”の面白さを知り、服にのめり込んでいきました。

 

また別の先輩から教えてもらった言葉 

「ネイビーは色の基本」

“ネイビー”はどんな色とも相性が良く、周りを引き立てる。

控えめな色であり、周りへの配慮を感じる色。

f:id:hynm_uastaff:20140307133922j:plain

 

ただそれだけでは着ている本人も楽しくない。

だから“MP di Massimo Piombo”はそこに

生地の楽しさ

色の楽しさ

最高峰の縫製による着心地の良さ

時代に合わせたクリエイティブを持って表現しているのではないか。

 

f:id:hynm_uastaff:20131212105217j:plain

2013年12月の来日の際に行われた勉強会では

マッシモ・ピオンボ氏から

「私は“BELLEZZA=ビューティ”なスピリットを目指している。 

ファッションの世界における私のミッションは洗練性の新しい概念を提示すること。

自身と人々に夢を与え、多少の逸脱感を培うこと。

今の時代に存在する退屈なものや残念なものに対する挑戦であると常に考えている。

だからこそ新しい世代(ニュージェネレーション)にも着てほしい」

という話がありました。

 f:id:hynm_uastaff:20140307134937j:plain

f:id:hynm_uastaff:20140307141406j:plain

 1989年に創業した「PIOMBO」時代は当時のイタリアクラシコブームの中で

“イタリアクラシコ”と解釈されることが多かったとのことですが、

クラシックへの敬意を忘れず、広い視野と視点を持って時代を読み、

常に現代的解釈を加える。

そして独特な美意識。

 

f:id:hynm_uastaff:20140305211009j:plain

f:id:hynm_uastaff:20140305211036j:plain

MP di Massimo Piomboにワクワクするのは私が

“ドレススタイル”

“ネイビー”

“基本”が好きだからというのも理由ですが、

“熱意を持って革新しようという想い”を強く感じるのが一番の理由なのかもしれません。

 

f:id:hynm_uastaff:20140304164326j:plain

f:id:hynm_uastaff:20140304163555j:plain

f:id:hynm_uastaff:20140304163536j:plain

f:id:hynm_uastaff:20140304163512j:plain

 

決して気軽に買いやすい価格ではありませんが、

価値を感じる “MP di Massimo Piombo” のアイテムをぜひご覧下さい。

 

 

スズキ タクマ