読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

号外!! 浴衣 お安くなっています。

 

号外!!

浴衣の商品が30%OFF~とお買い得になりました。

 

毎年恒例の『浴衣ポップアップストア』は8/18(月)まで開催しています。

uastoreblog-20140730154823-772.JPG

 

浴衣を着てみたいけれど“なにが必要なのかわからない”という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は浴衣を着るために必要なアイテムをご紹介いたします。

【必要なもの】

 ・浴衣

 ・帯

 ・腰ひも

 ・肌着(Vネックシャツやタンクトップでも可)、ステテコ

 ・はきもの(下駄or雪駄)

 これだけあれば楽しむことができます。

 

 

uastoreblog-20140730154854-779.JPGuastoreblog-20140730154910-235.JPG

・浴衣:SALE⇒¥33,264~(税込み)

こちらは好きな柄をお選びください。洋服にはない浴衣ならではの柄のものを選ぶのも楽しいかもしれません。

浴衣ははじめてで着やすいものが良いという方には紺や青がベースのものがおすすめです。

 

 

uastoreblog-20140730154943-443.JPGuastoreblog-20140730154959-11.JPG

・帯:SALE⇒¥9,072~(税込み)

こちらは浴衣の色と近い色で落ち着いた雰囲気にスタイリングを楽しんでいただくか、

浴衣の色と遠い色でアクセントとして選んでも楽しいと思います。

 

 

uastoreblog-20140730155029-465.JPG

・腰ひも:SALE⇒¥1,176~(税込み)

こちらは帯を結ぶ前に浴衣を固定する重要なものです。

しかし帯を結んでしまうと見えなくなるものですので、色や柄はお好みで。

 

 

uastoreblog-20140730155058-923.JPGuastoreblog-20140730155114-174.JPG

・肌着(Vネック):SALE⇒¥2,268~(税込み)

・ステテコ :SALE⇒¥6,741~(税込み)

 

肌着、ステテコは着なくても良いですが、汗が浴衣に直接ついてしまうため着ることをおすすめします。

汗で背中や脇が汗じみになったり、あぐらをかいた時に下着などが見えたりするのは着ていても気持ちよくないですし、見た目もよくないので、エチケットとしても着られることをおすすめします。

肌着は衿元から見えるのが非常にカッコ悪いので、深めのVネックかタンクトップを選んでください。 

 

 

uastoreblog-20140730155155-570.JPGuastoreblog-20140730155212-797.JPG

・はきもの(下駄or雪駄):SALE⇒¥9,828~(税込み)

洋服同様、足元も重要です。

靴と違い、かかとを出して鼻緒にひっかける程度に履くのが正しい履き方です。 

また歩き方も着地はかかとからではなく“前から着地し歩幅は狭く、小股で歩く”とより

綺麗に見えます。

 

 

以上のアイテムがあれば浴衣を楽しむことができます。

上記を全て揃えるとSALE⇒¥62,445(税込み)からご用意があります。

 

 

そして浴衣を着る上で、一番わからないというお声をいただく

 帯の結び方はこちらから。


NiCE UA 26: 市川右近さんに教わる浴衣の着方 UNITED ARROWS] - YouTube

 

 

 私はずっと和服を着てみたいと思っていましたが、

“和服は敷居が高い”

“着方が難しそう”

“大人しか似合わない”

“動きづらそう”などのイメージがありました。

しかし実際に着てみるとそのイメージは払拭され洋服とまた違う楽しさを感じています。

浴衣を着るようになってから日本人なのに日本文化を知らない自分に気付き、もっと知ってみたいと思うとともに、近年、海外から注目・評価される日本文化の素晴らしさに気付く・考えるきっかけ、そして和装の“動きが制約される”ことから所作の大切さ・他人への配慮・時間の使い方を考える良いきっかけともなりました。

カジュアル化?・グローバル化?が進む“今”だからこそ浴衣を着てみるのはいかがでしょうか?

少し話がそれてしまいましたが、

浴衣は袴などと違いカジュアルなものであり、こうでないとダメ!という着方はありません。 

“Tシャツ・ジーパンのように”自由に着て楽しんでみてください。

 

 

 スズキ タクマ