魅惑のボンテージパンツ

フィナムブログをご覧のみなさま、こんにちは。

 

気づけばもう、6月。

ちょっと前に春夏シーズンが始まったと思っていたのに、

月日の流れは早いですねぇ。

 

春夏、秋冬とシーズンが始まる頃、

次はどんな着こなしをしよう、どんなアイテムを取り入れようか、

こんな色を着たいなぁなどと妄想を巡らせるのはとっても楽しいことで

す。

 

僕の場合、福岡店でも絶賛展開中のDistrictのアイテムを中心に

妄想シュミレーションを行なうことがほとんどです。

 


今シーズンは最初に60年代のイギリスのバンド、

スモールフェイシズのスティーヴ・マリオットやロニー・レインが

着ていたようなコントラストのあまりないチェック柄のVゾーンの狭い

3ボタンジャケットにシングルのスラックス、タブカラーやピンホールカラーの

シャツ、ソリッドのニットタイ、足元はクラークスなどの軽めのシューズ、

というまんまMODな格好をしたい気分でした。

1月にポール・ウェラーの来日ライブも控えてたので余計に。

 

 

そんな気分、ズバリの色柄、ディテールのセットアップがDistrictで展開されることが分かると、

今シーズンの主軸は決まったかに思えていました。

 

が…

 

そこに現れたのが共生地のボンテージパンツ。

f:id:hynm_uastaff:20180606213232j:plain

 

 

これがすごく良かったのです。

ウールにポリエステル、ポリウレタン混紡のサラッとした履き心地が。

ボンテージパンツなのに、履きやすい。

 

 

f:id:hynm_uastaff:20180606213141j:plain

当初、組下は70クロップで合わせる予定でした。

既に数シーズン前に出たDistrictのボンテージパンツも持っていたので、

さすがに2本はいいかなとも思ったのですが。

 

しかし結果としては最初のカッコいい!履きやすい!という衝動が勝り、

結局ボンテージパンツを買い足し、今期のコーディネートの軸となりました。

 

 

f:id:hynm_uastaff:20180606213127j:plain


単品でも履きますし、ジャケットとのセットアップで合わせたりとかなりの頻度で着ています。


既に福岡店にはボンテージパンツはご用意はないのですが、ごく少数はお取り寄せは可能です。

じわじわとボンテージパンツが気になっている方は是非、お問い合わせ下さい。


また、ジャケットやベスト、70クロップタイプのパンツは福岡店にございますので、

こちらもオススメです。

 

f:id:hynm_uastaff:20180524165342j:plain

ちなみにです70クロップは尾錠付きというレアスペック。



それではご来店を心よりお待ちしております。

UA福岡店 小松